メニュー

株式会社ユニオンシンク 営業先輩インタビュー

株式会社ユニオンシンク の採用情報はこちら

株式会社ユニオンシンク
入社3年目 S.Hさん

業務改善をサポートするパッケージソフト『デザイナーシリーズ』などを展開している株式会社ユニオンシンク。ソリューションの提案から導入、サポートまですべて自社で行う「エンドユーザービジネス」にこだわりを持つ企業だ。お話を伺った営業担当のS.Hさんも、そのこだわりに共感して転職してきた一人。ユニオンシンクの事業内容の特色とともに、営業として働く魅力ややりがいについてお話を伺った。

商品の最終的なユーザーと直接関われる

S.Hさんは製造業の営業職から転職してきたと伺いました。入社のきっかけを教えてください。

以前は半導体の加工会社で営業をしていたのですが、そこは既存顧客に対する営業やフォローが主な仕事でした。そこで、新規営業でもっと自分の営業力を磨きたいと思い転職を考えたことがきっかけです。

ユニオンシンクは「エンドユーザービジネス」にこだわっており、外部に委託することなく100%直接取引をおこなっています。営業職でいうと最初のアポイントから提案、アフターフォローまでお客さまと関わる仕事です。前職よりも自分の能力が試される部分が多く、また商品の最終的なユーザーと直接関われることに魅力を感じ入社を希望しました。

株式会社ユニオンシンクの特徴と魅力を使えるS.Hさん

提案内容は毎回違うものになる

前職との大きな違いは何ですか?

前職ではメーカーの代理販売という立ち位置だったということもあり、お客さまから案件の相談が来たらできるかできないかの回答しかほとんどできませんでした。競合他社が数社しかなかったということもあって、お客様の希望通りにならなくても当たり前、それでも引き合いが多くある業界でした。しかし今は、各お客さまの悩みや課題を解決するためにさまざまな角度から提案を考えます。もちろん他社との比較もされます。難しいことも多いですが、その分やりがいのある仕事だと感じています。

自分次第で結果が変わる

S.Hさんが思う営業職の魅力は何でしょうか。

一番の魅力は、お客さまから感謝の言葉をいただけることですね。これは何度いただいても感動します。

また、営業は一人ひとりが“会社の顔”になるので責任が重い分やりがいも感じられるところが魅力です。特にユニオンシンクは、営業に関するアイディアや戦略を積極的に社内で提案することができるため、自分次第で結果が変わるんだということを実感しています。それが当社で感じる営業の魅力の一つです。

S.Hさんが思う営業職の魅力について語る

お客さまの現状を細かく把握することが大切

営業において心掛けていることはありますか?

当社が開発している『デザイナーシリーズ』は、企業の日常業務を効率化させるシステムです。企業によってはあまりに当たり前の作業となっているため、効率化できることに気が付いていないケースもあります。ですから、最初はお客さまの現状を細かく伺うことを心掛けています。そこでお客さまに問題を認識していただき、他社の事例を踏まえて説明していくのです。

そして案件を進める際は、分からないことを分からないままにしないこと。お客さまは多種多様な業界になるのでどうしても分からない専門的な話になることもありますが、正しく把握しなければより良い提案はできません。失礼であったとしても質問して、不明点を解消するよう心掛けています。

株式会社ユニオンシンクの自社サービス「デザイナーシリーズ」を語るS.Hさん

得意分野を割り振った営業戦略

業務の効率化はどの企業も必要とされていますから、クライアントの業種は幅広そうですね。

課題のない企業はありませんので、どの業種業態もクライアントになり得ます。ですから当社ではある程度、得意分野を割り振っているのです。私の場合、食品や製造業を主なターゲットとしています。他のメンバーだと、美容系に強い人やスポーツ用品に強い人などさまざまです。そうやって自分の興味関心と絡めて開拓していけるのは当社営業の特徴だと思います。

メンバー同士で士気を高め合っています

上司部下の関係や、社内の雰囲気はどのような感じでしょう。

経営層と距離が近い会社だと思います。「もっとこうした方が良いのでは」といった意見を直接伝えることができるので、展開がスピーディーで刺激もあります。営業メンバーのグループチャットは会話が賑やかで、案件が決まった時は皆で盛り上がり士気を高め合っています。

また、休日には部門も年代も越えた気の合う社員が集まって旅行やフットサルをすることも。他にも麺部(ラーメンを食べて評価しあう部活)とか、あるみたいですよ(笑)。社内の交流はけっこう盛んな方だと思います。

仲間と楽しく会話をするS.Hさん

「安心して働く」ことを大切にしている組織風土

営業成績はどのように評価されますか?

固定給コースのほかに、ある程度昇給をしていくと営業成績がインセンティブとして反映されるコースがあって、自分に合った給与テーブルで戦うこともできます。昇級のタイミングは年一回。目標を達成して昇級することができると、さらにやる気も高まります。

また「社員が安心して働く」ことを大切にしている組織風土なので、住宅手当や子育て手当など手厚い福利厚生もあります。営業はどうしても調子の良い時悪い時の波がありますが、それが生活に響きすぎると良いパフォーマンスにつながらないというのが当社の考えなのです。こういった給与体系や福利厚生が、働きやすさに繋がっているように感じます。

ゆくゆくは営業部を統括できるように

S.Hさんのこれからの目標を教えてください。

まずは社内でトップセールスパーソンになることです。そのためには担当するお客さまの業種業態の幅を広げていかなければいけません。経験と得意分野を増やし、ゆくゆくは営業部を統括できるよう成長していきたいと思います。

新規顧客獲得のため営業へ向かうS.Hさん

縦にも横にも繋がりがあり、社員同士の距離が近い会社

最後に、あらためてユニオンシンクの営業職として働く魅力を教えてください。

当社は縦にも横にも社員の繋がりがあって、社員同士の距離が近い会社です。困っている人を放っておかない風土なので、当社に興味がある方は安心してエントリーしてほしいです。実は私がユニオンシンクに就職を決めたのも、雰囲気の良さが理由の一つでした。面接に来た時、となりの部屋から聞こえてきた会議の声がとても活発だったのです。入社後もその印象にギャップはなく、自分の考えや提案を否定されたことはほとんどありません。「まずやってみろ」と、背中を押してくれる風土です。

営業職として、ここで得られる経験ややりがいはとても大きいと思います。手前味噌ですが、これは私が保証します!

株式会社ユニオンシンク S.Hさん、最後までインタビューありがとうございました

株式会社ユニオンシンクの採用情報

採用HP

https://www.utc-net.co.jp/recruiting/

会社HP

https://www.utc-net.co.jp/

事業内容

自社パッケージソフト「デザイナーシリーズ」の開発・販売・導入、コンサルテーションなど

勤務地

東京、大阪

特徴

SNS でほかのヒトにもシェアしよう!