メニュー

株式会社ギャプライズ 営業先輩インタビュー

株式会社ギャプライズ の採用情報はこちら

株式会社ギャプライズ
入社5年目 S.Kさん

イスラエルを中心とした海外発スタートアップの日本進出支援を一手に引き受けているギャプライズ。業界に大きなインパクトを与えたSimilarWebは、大企業のマーケッターから個人までWebを活用する多くの人が利用している。そんなSimilarWebが日本に流通しはじめた初期から営業に携わってきたのが、今回お話を伺ったS.Kさん。
新卒入社後すぐに、海外の担当者と英語でコミュニケーションを取らなければならなくなったS.Kさんは、どうやって壁を乗り越えてきたのか。今や“日本一SimilarWebに詳しい男”と呼ばれるようになった営業担当が大切にしている思いを伺った。

もともとは、営業職やWeb業界を志望していたわけではなかったそうですね。

私の就職活動は決してお手本になるようなものではありません(笑)。食事や音楽が好きという理由だけで、食品メーカーや楽器メーカーの大手ばかりを受けていたんですが、やはり考えが甘くて全然うまくいきませんでした。そこで考え直して、デジタルマーケティングやPRを通して世の中に情報を発信する仕事に興味を持ち始めたんです。

ギャプライズと出会ったのは、ベンチャー系企業が集まる採用イベントでした。いろいろな会社の社長たちが登壇していたのですが、どの人も自分の自慢話や過去の苦労話が多いように聞こえて退屈していました。そんな中で当社の甲斐だけが、“ギャプライズの仕事の楽しさ”や“社員の魅力”など、まわりの素晴らしさを語っていたのが印象的で、門を叩いてみようと思ったのが入社のきっかけです。

入社きっかけを話すS.Kさん

実際に営業職として働き始めて、何かギャップは感じましたか?

良い意味でのギャップはありました。私が入社したのは、当社がイスラエルのWeb解析ツールを取り入れはじめた時期で、現地の担当者と連絡を取る必要がありました。私もいきなり英語でコミュニケーションを取るように指示されて、驚きましたが持ち前の楽観主義であまり難しく考えずに翻訳機能や辞書を使いながら、なんとか連絡出来るようになっていきました。英語の契約書を読み込んだこともあります。想像していた以上の経験を入社当初からさせていただき、良い経験を積ませてもらったと思います。

社内の雰囲気に関しては、とってもフランクでチームワークのある会社だという印象に変わりはありません。

現在の具体的な仕事内容を教えてください。

インサイドセールスが商談化してくれたお客様先に私が提案に行くというのが主な仕事です。お客様先へ訪問したりテレビ電話でミーティングをしたりして、商品の説明をします。件数は1日2~3件程でしょうか。毎日どこかへ出かけ、毎日新しい出会いがある仕事です。

他には、サービスに関するセミナー講師をすることもあります。セミナーはお客様とのファーストタッチにもなるので、明るく分かりやすく伝えられるよう気を付けています。

お客様と連絡をとるS.Kさん

仕事をする上で、大切にしていることはありますか?

ヒアリングをしているS.Kさん

当社が扱っているツールは海外のものが多いので、説明書が英語だけしかないものばかりです。それを読み込み勉強して、誰よりもツールに詳しくなるよう励んでいます。その知識があることを前提として、営業において気を付けているのはお客様の話を「聴く」ことです。何に困っているのか、何を実現したいと思っているのか、そこをしっかりヒアリングして把握しておかないと良い提案はできません。

実は、入社当初はこの点が未熟で失敗したことがあります。たとえ受注にこぎ着けたとしても一方的な提案だったら、その後ツールを活用してもらえなかったり、クレームにつながったりします。「本当に価値を提供できるか」「お客様に貢献できるか」そこを突き詰めることが大切だと気付かされました。

営業職のやりがいは、何だと感じますか?

毎日誰かと会って話すことで、知識や経験が増えていくことです。日々何らかの新しい気付きがあって、昨日よりも成長している自分が必ずいます。特に当社の場合、大手企業のお客様や経営者とお話することが多く、貴重な出会いに恵まれていると思います。知識や経験が毎日積み重なっていく…それがギャプライズの営業職としてのやりがいだと私は思います。

そしてもちろん、お客様から「ありがとう」と言っていただけた時が何よりも嬉しいです。

社員と楽しく仕事の話をしているS.Kさん

どんな人が、ギャプライズの営業職に向いていると思いますか?

営業職の仕事って、「価値を伝えること」だと思うんです。元気がいいとか勢いがあるとかじゃなくて、お客様の考えをヒアリングして想像して、そこに価値を提供していくことが営業の務めだと思っています。だから「相手の求めることを考えられる人」が向いている気がしますね。

逆に合わないなと感じるのは、そうですねぇ…。IT業界は常識がコロコロ変わるし、新しいツールもどんどん増えていくので、環境の変化を楽しめる気持ちがないと苦しいかもしれません。

今後の、S.Kさんのキャリア目標を教えてください。

私は、新規営業の仕事は「価値を伝えること」に加えて、“広報活動”でもあると思っています。特にセミナー講師は会社の印象に直結します。そういう点で、売上をただ上げるのではなく、ギャプライズの認知度やブランド力を向上させることも、今後の私の目標です。そして、さらに業界にインパクトを残せるように励んでいきたいと思います。

社内風景とS.Kさん

株式会社ギャプライズの採用情報

採用HP

https://www.wantedly.com/companies/gaprise

会社HP

http://www.gaprise.com/

事業内容

SimilarWebをはじめとするテクノロジーソリューション事業、
Webコンサルティング事業、 Web広告運用代行事業

勤務地

東京本社

特徴

SNS でほかのヒトにもシェアしよう!