メニュー

株式会社CS-C 営業先輩インタビュー

株式会社CS-C
入社1年目 Y.Mさん

飲食店やビューティーサロンなどのローカルビジネスのマーケティングを支援するCS-C。お客様の目線に立ったコンサルティングやツール運用が評判で、紹介や口コミが絶えない急成長企業だ。
今回は大手上場企業から転職してきたY.Mさんに、営業のやりがいやCS-Cだからこそ感じる仕事の魅力について伺った。

以前は、大手上場企業に勤めていたそうですね。

以前は会計ソフトのインストラクターをしていて、主に税理士の先生にソフトの使用方法を教えたり、営業の提案に同行したりしていました。お客様と接する機会が多い仕事という点では、今と変わりはありません。

ですが、当時は提案内容が“イメージ”や“予想”ありきで、具体的な数字の根拠が無いことに疑問を持っていました。そこで、もっと根拠を示せるノウハウを身に着けてビジネスパーソンとして成長したいと思い、マーケティングに強い会社に転職しようと決めたんです。

前職について語るY.Mさん

営業職にはもともと興味があったんですか?

人と接することが好きだったので営業職を志望していました。でも同じ営業といっても会社によって、役割や仕事範囲は変わってきます。

CS-Cの場合は、いわゆる“コンサル営業”です。お客様が何に困っていてこれからどうなりたいのかを把握して、その問題を解決する提案が求められます。単なるモノ売りではなく一つひとつの事案に最適なソリューションを考えていくのは難しいけれど、やりがいはあるなと感じています。

営業職について語るY.Mさん

CS-Cに入社後、まずはどんな仕事を担当しましたか?

当初の研修について語るY.Mさん

まずは1か月間みっちり研修でした。中途入社でも研修がここまであるのは珍しいんじゃないかと思います。当社には私のように異業種から転職してくる人も多くいますが、この研修を通してローカルビジネスにおける知識やノウハウを習得することができます。もちろん受け身じゃなくて、個人の頑張りによって成長スピードは変わってきますが、この研修期間のおかげで、自信を持って活躍できる営業社員になれるんだと思います。

そして独り立ちした後も、提案前には先輩レビューがあるなどサポート体制がしっかりしているので安心です。

CS-C独自の取り組みって、何かありますか?

当社は社長をはじめ社員全員を「さん」付けで呼び合っています。その効果もあってか、変に尻込みすることなく自分の意見を発言しやすい環境です。以前勤めていた会社は、自分一人の意見が会社に影響を与えるなんてありえませんでしたが、CS-Cは個人の提案や気付きが、会社をよくするためにどんどん活かされていきます。そんな環境が一人ひとりに当事者意識を与えていて、成長意欲の醸成にもつながっているんだと思います。

ほかには、週に一度の全体ミーティングで「失敗を共有する」時間があります。「成功要因には“偶然”も含まれるけど、失敗には必ず何らかの原因がある」というのが代表の考えなんです。会社の成長に伴ってどんどん仲間が増えてきているので、週に一度の全体ミーティングで、皆が気持ちを同じ方向にもっていけるよう確認し合っています。

CS-Cでの営業職のやりがいを教えてください。

私たちが担当するお客さまは、それぞれのこだわりを持って飲食店を経営されているのですが、日々の業務に追われて情報発信にまで手が回らない状況が多くあります。だからこそ、各店のこだわりや魅力を発信するお手伝いができることに喜びを感じます。

また、お客さまへ提案するにあたって社内で過去に似たような事例がなかったか他部署と話し合ったり、システム自体の改良を議論したりと、部署の垣根を超えてよく相談し合います。そうやって、解決策を模索して受注が決まった時は「ホッ」としますね。みんなの努力の結晶だから、形にできて良かったって安心するんです。昔は自分の実力だと思っていたけど、CS-Cでは皆の頑張りが結果につながっていると実感できます。それが、今までにないやりがいにもなっています。

CS-C営業のやりがいを感じてるY.Mさん

どんな点を評価してくれる会社でしょうか。

CS-Cには5つのクレド(信条)があります。

「圧倒的なクライアントファースト」「GIVE&GIVE」「集合天才」「1人でも最強、チームなら無敵」「素直な心で、謙虚に誠実に」です。

これらの信条に沿って働けていることが評価にも関係してきます。いくら成績を残していても、これらの行動指針に反していたり、まわりに迷惑をかけていたりしては高い評価は得られません。私は特に「集合天才」の考え方が好きです。このあたりは当社のホームページに詳しく書かれているので、興味のある方はぜひ見てみてほしいです。このクレドがしっかり共有されているので、働きやすい職場になっているんだと感じます。

また営業部の特徴としては、1件成約ごとに1万円のインセンティブという非常に分かりやすい報酬制度もあります。

どんな人がCS-Cの営業職に向いていると思いますか?

営業周りにでるY.Mさん

探究心がある人かな、と個人的には思います。話し上手じゃなくていいんです。お客さまの話をきちんと聞くこと、そして論理的に考えて解決したい!という想いで調査したりまわりに意見を求めたりする“探究心”が必要だと感じます。それが結果的に、個人の成長にもつながってくるように思いますね。

今後のY.Mさんのキャリア目標を教えてください。

これから当社は営業職をどんどん増やしていく予定なので、私自身が良いモデルになれるよう「営業の在り方」を追求していきたいです。属人的な営業ではなくて、営業を“科学”して、成功・失敗事例を分析しながら、モデルを確立していくことが目標です。

CS-CのY.Mさん、最後までインタビューありがとうございました

SNS でほかのヒトにもシェアしよう!

株式会社CS-C

会社HP

https://s-cs-c.com/

採用HP

https://s-cs-c.com/new-graduate/

事業内容

ローカルビジネスに特化したWebマーケティング、メディア開発、運用 など

勤務地

東京本社

特徴