メニュー
若い人ほど営業職に転職しやすい理由とは

若い人ほど営業職に転職しやすい理由とは

営業職の求人はどの業種でもかなり活発に出されています。その詳細を見てみると若手の募集が多くなっていて、経験を一切問わずに応募を受け付けていることも珍しくありません。若い人ほど営業職には転職しやすい状況があるのは確かですが、なぜそんなに若手が歓迎されているのでしょうか。その理由を理解して営業職への転職を検討してみましょう。

安く雇える営業職の人材が不足しているから

営業職の求人が豊富なのは単純に人材が不足しているからです。企業にとっては売り上げに直接関与する業務なので、営業はかなり重要なものとして位置付けられています。新規顧客開拓でもルート営業でも大勢の営業職が必要になるため、人材確保が大きな課題となっている場合が多いのです。営業職は大変というイメージも根強く、実際に働いていて疲れてしまい、転職してしまう人も少なくはありません。その欠員分を補うという意味でも積極的な募集が行われています。企業としては営業職は生命線でもあるので、年齢を問わずにポテンシャルがありそうなら採用を前向きに考えようとするのも頷けるでしょう。

特に若手が求められている理由として基本給を安くできることが挙げられます。売り上げを出すには営業職が必要ですが、人件費や諸経費に比べて売り上げが少なくては企業としては損失になってしまいます。経費の中でも大きな比重を占める人件費を最小限にしつつ、売り上げも増やすという考え方で若手の採用が進められているのです。ただ、むやみに給料を低くしてしまうと転職先として候補にあげられなくなってしまいます。そのため、基本給は低めにする代わりに売り上げに応じたインセンティブを付与するなどの工夫をして、高いモチベーションを持って働けるようにしているのが通例です。

安く雇える営業職の人材が不足しているから

営業職は体力を必要とするから

営業職で若手が求められている理由として体力が必要だからということもよく知られています。特に新規顧客開拓を任されている場合には切実な問題で、顧客候補を探していつも外回りをしているケースが多いのが実態です。電話でアポを取ったら顧客の希望する時間帯に合わせて訪問することが必須で、場合によっては早朝や昼休み、あるいは夜に訪問して欲しいと言われることもあります。土日も営業している店舗などに訪問する場合には休日出勤も必要になるでしょう。連勤が続いてようやく休めるという状況になる場合もあり、かなり体力を要求されるのは確かなのです。

若い人なら体力があるからきっと必死に働いてくれると考えられています。ただ体力があるだけでなく、新しいことに対して前向きに取り組んでくれるとも期待されているのが通例です。特に若いうちに転職しようと思う人の中には、大志を抱いている人も少なくありません。そのやる気を生かして必死に営業に取り組むことで大きな売り上げを出してくれると期待されているのです。実際に若手がベテランを越えて売り上げを出すというケースも珍しくはなく、若い人が活躍できる可能性が十分にある職種となっています。

営業職は体力を必要とするから

営業職からのキャリアアップを期待されているから

営業職で若手の募集が盛んなのは将来性への期待があるというのも理由です。営業職として研鑽を積んだ後でキャリアアップをしていき、会社の中核をなす人材になって欲しいと思われているケースも多くなっています。営業職は顧客と直接やり取りをして、要望やクレームも聞いているのが特徴です。企業としてどのような製品を開発すべきか、どんなサービスを展開していくべきかといったことを常日頃から考えさせられる職種なのです。顧客の立場になって考えてみると、自社の製品やサービスがいかに多くの問題点を抱えているかもよくわかります。

その経験をもとにして企画開発室でアイディアを出したり、管理職として開発現場に顧客重視で考えた指針を出したりすると、企業を大きく成長させられる可能性が切り開かれます。まずは営業職として現場を理解し、本人の適性に応じてもっと活躍できる部署に配置換えするという前提で採用していることも珍しくありません。既に年齢を重ねてしまっている人の場合には、このような勉強期間を設けてしまうと企業に貢献してくれる期間が短くなってしまいます。そのため、できるだけ若い人を採用してキャリアアップを目指して欲しいと考えている企業が多いのです。

営業職からのキャリアアップを期待されているから

若さが顧客受けすることも多いから

若い営業職が求められているのは顧客の対応に違いがあるからというのも確かです。年配のベテラン営業マンが出てきたら、顧客の方も礼節を持って対応しなければならないというプレッシャーを受けてしまうでしょう。しかし、まだ20代で社会人経験も短い人が営業のために訪問してきたら、まだ若造だという印象を受けるので軽い気持ちで話に応じてくれることもあります。ビジネスマナーで少しくらいミスがあったとしても大目に見てくれるケースも少なくありません。むしろ少しくらいミスをした方が好意的に見てくれることすらあるのが実態です。このように若手の方が顧客受けすることが多いという点でも若い営業職が重宝されています。

若さが顧客受けすることも多いから

まとめ

今の高齢化社会において、若い人材、特に若い営業社員はとても重宝されます。
安く雇え、体力が多く、覚えが早くキャリアップも期待でき、顧客から好かれやすいと、数々のメリットが存在します。
そのため、どの業種の企業も「若手営業社員」は魅力的に感じ、必要としているのでしょう。

SNS でほかのヒトにもシェアしよう!