メニュー
新卒で営業に配属された場合にまずするべき3つの重要ポイント

新卒で営業に配属された場合にまずするべき3つの重要ポイント

この記事では、新卒で営業に配属された場合にまず何をするのか、3つの重要ポイントをお伝えしていきます。営業職は一般的に「きつい」という印象が強く、配属された際は不安な思いになってしまうことも多いかと思います。

しかし、実際は時間を自分でコントロールすることができたり、顧客に感謝されることで人脈を構築することができたりと、営業を経験することで得られるメリットも多くあります。

視点を高くして仕事に臨む

会社に営業として配属された際、まず何をするのかというと、それは「研修」です。まずは同期入社の人達と集合研修を受けて、営業のノウハウや考え方を学んだ後に、実際に営業の仕事をしていくことになります。

しかし、同じ研修を受けているにも関わらず、その後の営業成績では大きな差がついてしまう場合があります。それはもちろん個人の能力差というのもあるかもしれませんが、「どれだけ視点を高くして仕事に臨んでいるか」という部分が大きいです。

もちろん新人のうちは上司の言う通りに行動することになりますが、「どのような意図で上司はこの指示を出したのか」という視点で物事を考えていくことで、成長スピードは早まっていきます。受身ではなく主体性を持って日々の仕事に臨むようにしましょう。

意識的に視点を高くして業務に臨むことで、ただ受身で業務をしているだけの同期と大きな差を付けることが可能になってきます。

高い目線で考える

量にこだわって仕事をする

営業の仕事に配属された場合、最初から質にこだわって仕事をしてしまう人がいます。何をするにも完璧にしなければ気が済まない。その心意気はいいのですが、最初のうちは質よりも量にこだわって仕事をするべきです。

営業を行っていく上で重要となってくるのは「経験」です。多くの顧客と商談をしていくことで、成功や失敗を経験し、それが営業パーソンとしてのレベルアップに繋がっていきます。

また、営業として必要な能力は「コミュニケーション力」「マネジメント力」「マーケティング力」「プレゼンテーション能力」など多岐に渡っており、これらの能力を総合的に発揮して、営業の実績を積み上げていくことになります。そしてこれらの能力を身に付けるためには、何よりも地道な営業の経験が欠かせません。

そのため、最初のうちは一つ一つの仕事にこだわりを持つよりも、少しでも多くの営業経験を積んでいくことが成長の近道となります。営業の仕事に配属された際は、意識的にたくさんの顧客にアプローチしていくようにしましょう。

最初は質より量

なるべく早くに成果を出す

営業の仕事に配属された際、とにかくまず心に留めておいてほしいのが「とにかく早く成果を出す」ということです。これは何をするにも言えることですが、ビジネスパーソンとして成果を出すためには「ファーストステップ」が重要です。

逆をいうと、最初の一歩がなかなか踏み出せない人はビジネスパーソンとしての自信を持つことができず、ずるずると停滞していってしまうことが多いです。まず、小さなことでも成果を出すことができれば、それが次への自信になり成果へと繋がっていきます。

また、「会社への貢献」という観点でも、なるべく早くに成果を出すことは重要です。一般的に会社は給料の2倍以上の金額を従業員に投資していると言われています。つまり、特に新卒の状態は「会社のお荷物」になってしまっているわけです。

つまり、会社に貢献するためには、会社の提示する目標を達成しなければならないということです。そして会社に投資をしてもらっている状態からなるべく早くに脱却して、会社に貢献できるような営業パーソンになるという心構えが必要になってきます。

なるべく成果を早くだす

まとめ

新卒で営業に配属された際にまず何をするのか、ということで3つの重要ポイントについてお話をしてきました。とにかく営業には様々な能力が必要とされます。

そして、これらの能力を上げていくためには、本などで勉強すること以上に「経験していく」ということが重要です。新卒時に先ほどの「3つの重要ポイント」を心がけることで、営業パーソンとしての経験を加速させることができるでしょう。

SNS でほかのヒトにもシェアしよう!