メニュー
営業職として成功したい女性が押さえておくべきポイント

営業職として成功したい女性が押さえておくべきポイント

営業職になって活躍していきたいと考えている女性は成功するためのポイントを押さえておきましょう。男性とは違う点も多いので、特に性別の違いによって生じるメリットやデメリットを考慮してどのような働き方をしていくべきかを考えてみるのが大切です。念頭に置いておくと良いポイントを三つ紹介するので参考にしてみましょう。

飛び込み営業を避けよう

女性が営業職で働く上では飛び込み営業に生涯をかけていこうという考えは避けておくのが無難です。もちろん営業職としてのノウハウを習得するために飛び込み営業を経験するのはとても役に立ちます。ただ、続けていくのは困難になりがちなので、別の方法で営業をしていけるようになるのが賢明な判断です。

飛び込み営業を避けておくべきなのは外回りが辛くなりがちだからです。訪問営業をするときにはフォーマルな形で身だしなみを整えるのが基本で、女性の場合にもスーツなどを着用することになります。それだけであれば大きな問題はありませんが、ヒールのある靴を履くのが問題になりがちなのです。一日中、ヒールのある靴で歩き回っていると疲れてしまうだけでなく、足を痛めるリスクもあります。若いうちには耐えられても、だんだんと歳をとるにつれて辛くなってしまう場合が多いのです。

営業のやり方は飛び込み営業だけではありません。電話営業やメール営業などのようにオフィスにいてもできる営業方法もたくさんあります。通信販売をメインにしている企業も多くなり、インターネットを通じた営業活動が重視されている現場も増えてきました。また、店頭で行うカウンターセールスも外回りを必要としない営業のやり方です。必ずしもオフィスワークに執着する必要はありませんが、外回りばかりにならないようにすることで長く営業を担当できるようになるということは念頭に置いておきましょう。

飛び込み営業を避けよう

女性に対するイメージを有効活用しよう

女性が営業職で成功するためには一般的な人が抱いている女性に対するイメージを理解して有効活用するのがポイントです。男性に対しては力強い、怖い、頼もしいなどといったイメージを持っているケースが多く、強いアピール力のある営業を行えるでしょう。顧客によってはそれが功を奏することもありますが、怖いという印象を持たれてしまってそもそも拒否されてしまうようなケースもあります。

一方、女性の場合には優しい、包容力がある、おしとやかといった印象を持っている人が多いのが特徴です。とりあえず話は聞いてみようというスタンスで接してくれる傾向があり、男性の営業職の人に門前払いされてしまった営業先でも話をできることすらあります。そのため、商品などの説明はできるという前提で準備しておくことが可能です。飛び込み営業ではこのようなメリットを生かせることは覚えておくと良いでしょう。

一方、男性の方が理論的に物事を説明するのに対し、女性の方が印象や感性を大切にする傾向があると言われています。これを弱点として考えて理論的な説明をできるように練習するのも良いでしょう。しかし、印象や感性を重視して営業をするというのも効果がある場合もあります。美しい、可愛い、かっこいいなどといった感性に訴えかけるアピールをするのが効果的な商品を扱うときには特に有効でしょう。相手の性格や価値観によって使い分けできるようになると売り上げも伸びやすくなります。

女性に対するイメージを有効活用しよう

女性らしさを生かせる業種を選ぼう

女性らしさを生かせる業種で営業職をするという考え方も成功するためには欠かせません。女性の顧客を相手に営業活動をする場合には共感を得やすく、相手の心理も読みやすいことから成功できる可能性が高くなります。特に顧客としても詳しいことは異性に相談するよりも女性に相談できた方が良いと思うような商品であれば理想的です。

例えば、ファンデーションや美容液などの化粧品が代表的なもので、女性の営業職が実際に活躍しています。実際に使ってみると使用感などもわかり、説得力のある説明ができるでしょう。また、美容クリニックやエステサロンなどの美容業界も典型例として知られていて、顧客の立場から考えると美容に関する悩みは女性にしたいと考えるのがもっともなことでしょう。美容に関する考え方も同性の方が同じような感性を持っている傾向があるので営業もしやすいというメリットがあります。

一方、営業職の大半が女性になっている業種を選ぶのも効果的です。銀行や証券会社、消費者金融などの金融業界では伝統的に女性が営業職として活躍しています。カウンターセールスもルート営業もあり、生涯をかけて働くのに適している職場の代表例です。保険業界や住宅業界についての同様で、女性の営業職が目立っています。これらに共通しているのは家庭を顧客にしていることで、男性と女性のどちらからも好意的に捉えてもらうことができることが必要です。さらには高齢者や子供からも印象が良いことが求められるでしょう。女性は男女のどちらからも、そして幅広い年齢層から好印象を持たれやすい点で有利なのです。

女性らしさを生かせる業種を選ぼう

まとめ

女性には女性ならではの魅力やスキルを活かした商談方法が数多くあります。

男性営業職では話さえ聞いてもらえなかった顧客でも、女性だから聞いてもらえ相談してもらえたり、銀行や証券会社などの金融業界で女性だから働ける職場もあるでしょう。

営業というとすごく大変で難しいイメージがありますが、女性だから効果的に営業ができるという女性ならではの利点があるのです。

SNS でほかのヒトにもシェアしよう!