メニュー
営業に必要な身だしなみについて

営業に必要な身だしなみについて

営業に必要なスキルは商談を成立させるための巧みな営業トークなどいろいろ挙げられますが、まず身だしなみを整えることが重要です。営業を行う際に身だしなみについて気を付けるポイントを紹介しましょう。

営業を行う時の服装について

営業を行う際に身だしなみとして最も重要なポイントは、襟元すなわち襟回りと言えるでしょう。取引相手や顧客と対面した際に、まず目に入るのが襟元なのです。襟回りのサイズが首に合っていることが必要です。第1ボタンを留めた際、きつすぎずゆるすぎないシャツを選びましょう。カラーシャツを着こなすのは難しく、華美な印象はマイナスになることもあるので、おすすめできません。シャツは清潔感のある白色の物を多く購入しましょう。

白は汚れも目立つので、頻繁にクリーニングに出してアイロンも怠らないようにしなければなりません。ネクタイをしっかり結んでいることも重要です。短時間で一番綺麗にネクタイを結べるウィンザーノットが、一般的におすすめの結び方です。商談中は上半身しか相手に見せることはないでしょうが、交渉が終わった後は後ろを向いて退室するのでパンツやスカートのプレスにしわが無いよう注意しましょう。ズボンに限らずスーツやシャツもポケットに財布など入れて膨れ上がっている姿は好ましくありません。

営業を行う時の服装について

髭と髪型のケア

髭を剃らずに少し残している男性を見かけますが、不衛生で威嚇的な印象を与えてしまうのでおすすめできません。髭の薄い人も前夜ではなく朝に剃りましょう。髭が濃い人は、旅行用の電池式シェーバーを持参して昼も剃ることをおすすめします。頬や顎のほか鼻の下や口の周りなどは丹念に剃るものですが、もみあげは剃り残しやすいので注意しましょう。横顔は自分ではチェックしにくく他人からは見えやすいので、意識して剃る必要があります。

男性は短髪・黒髪が最もシンプルで好印象を与えます。女性は多少茶色がかった染髪でも問題ありませんが、きちんと後頭部で結んでまとめるようにしましょう。男性の前髪は眉毛よりも上で切るようにして、額が見えるようにカットします。こめかみが見えるようにサイドを整えることも重要です。清潔感を保つため襟足やもみ上げは短くして伸びすぎないように気をつけましょう。

髭と髪型のケア

指先・肌・歯の手入れ

商談中は手を机上に置いて話を進めることが多いので、指先の手入れにも気を付ける必要があります。ネイルサロンに行く必要は無いですが、爪をきちんと切って清潔感を保つことは重要です。小指だけ爪を伸ばす習慣などあっても、営業ではプラスに作用することは期待できません。紙やすりで爪の表面を磨き上げる人もいますが、男性だと暇な印象を与えてしまうので信頼感を損ねる場合もあります。手の甲や顔の艶なども相手の目に入るのでケアが欠かせません。ガサガサの肌や脂ぎった皮膚にならないよう、洗顔や保湿クリームの使用の方法について個人に合った習慣を身につける必要があります。

脂っぽい肌の人は携帯用の洗顔ペーパーを持ち歩き、商談の前に顔を拭いておくと効果があります。逆に皮膚が乾燥しやすい人は、石鹸を使った洗顔を控え保湿クリームを塗るなどケアを怠らないようにしましょう。コーヒーやタバコなど嗜好品の影響で、歯の黄ばみが生じないように注意しなければなりません。歯の手入れを怠ると、歯が汚くなるだけでなく虫歯や歯周病を引き起こし、営業では絶対に避けたい口臭の原因にもなります。歯が白いと清潔感がアップし実年齢より若く見えるほか、誠実で実直な印象を与えることもできます。歯科医でホワイトニングを行ったり、歯を白くする歯磨き粉を使用したりして歯の色にも留意することが必要でしょう。

指先・肌・歯の手入れ

まとめ

営業職にとって、見た目の清潔感はとても大事です。
違和感のないスーツの着こなしはもちらん、肌のケアや指先、歯など身だしなみを整えるのは簡単に思えて以外と大変なものです。
顧客との大事な商談で、どのようなことで相手を不快にさせてしまうかわかりません。
なので、できる限りの身だしなみは整えるように努力して損はしないでしょう。

SNS でほかのヒトにもシェアしよう!