メニュー
コミュニケーション研修の内容と役立つ本

コミュニケーション研修の内容と役立つ本

コミュニケーション研修を行う目的

スマートフォンなどの情報機器を使った情報伝達が主流となっている時代になると、人と直接話し合う機会は減少してきます。ただ、会社の組織内で仕事をするには「報告・連絡・相談」といった項目が非常に重要となり、そういった能力が不足してしまうと、会社全体がまとまらず、大きな損失を生み出してしまいます。仕事への意欲が低下する以外にも、対外折衝が多い営業職の場合、商談が決まらないなどの理由で、成績が落ちるなとの弊害も引き起こします。

そういったマイナスの面を引き起こさないためにも、会社においてはコミュニケーション研修が大きなウエイトを締めます。コミュニケーション研修は、会話によるコミュニケーション能力を養うといった目的で行われますが、総務部や営業部といった部署や、チーム内での仕事に対する意欲を高める狙いもあります。

コミュニケーション研修を行う目的

会社が行うコミュニケーション研修の内容

社内研修として行われるコミュニケーション研修には、大きく4つの内容に分かれます。1つ目は、コミュニケーションがいかに大切なのかを認識させる内容で、求められた仕事内容をこなすためには、自分の気持ちを上司などに伝えられる点が重要だと教えます。その上で、相手に不快な思いをせずにうまくコミュニケーションを取れるようになると、人間関係が潤滑になる以外にも、会社の利益向上につながるといった点を強く認識させる狙いがあります。

社会人としての基本的なマナーが身についているかどうかも、コミュニケーション研修では重視されます。具体的には、スーツの着こなし方などの身だしなみから、人と接する時の姿勢や表情に加えて、挨拶の仕方や言葉遣いなどがあります。社会人としてのマナーが身についていないと、最低限のマナーができていないと思われ、相手に不愉快な思いを与えてしまいます。最終的には会社の損失につながるといったデメリットを引き起こしてしまうため、研修で重視される項目の一つとなっています。

コミュニケーション研修で最も重要となる会話能力については、相手の気持ちを理解し、自分の言葉で伝えるにはどうしたらいいのかを重点的に学びます。具体的には、相手の心をつかむための会話スキル習得を重視し、最終的にビジネスの場で要求されるコミュニケーション能力を育成する目的で行われます。その一方、相手が話している内容を理解し、人間関係を円滑にする点を狙いとして、聴くための能力も育成します。こういったスキル育成では、複数のグループに分けたディスカッション形式を取る場合があります。

会社によっては、自己分析といった項目がコミュニケーション研修に含まれるケースもあります。例えば、話し方や聞き方などについて、研修の後半部分でビデオを見せ、実際に確認させるといった内容が含まれます。ビデオを通じて自分の行動を振り返り、自分に何が足りないのかを再認識させる狙いもあります。また、会社独自もしくは、別企業が用意した自己診断テストによって、自己分析を行うケースも見受けられます。

会社が行うコミュニケーション研修の内容

コミュニケーション研修に役立つ書籍など

会社におけるコミュニケーションの重要性の高さもあり、新入社員が入ってくる毎年4月に行うなど、研修として定期的に実施されています。ただ、実際に研修を受けたとしても、なかなか実践の場では効率的なコミュニケーション能力が発揮できない場合も予想されます。そのため、普段から本を読むなどして、コミュニケーション能力を高めておく必要があります。具体的には、コミュニケーションについて書かれてある書籍や、メンタル面を鍛えられる書籍が、おすすめの本と言えます。

コミュニケーションについて記述されている書籍の場合、社内でのコミュニケーション能力を高めるためにどうしたらいいのかが、詳しい事例とともに書かれてあります。主に、「部下が何を考えているのかわからない」、「積極的に発言をしたがらない」場面に対して、コミュニケーションが取れるようにするための解決策を提示している本です。管理職を対象とする本ですが、新入社員など全ての社会人が理解できるよう、わかりやすく書かれている点が特徴と言えます。

メンタル面を鍛える書籍では、人間関係から生じるストレス解消法を中心として書かれてある本が有効的です。企業でメンタルヘルスを中心に行っているトレーナーが書いた本で、社内でベストパフォーマンスを発揮する方法や、感情をコントロールするための方法が記述されています。ストレスの解消法を知りたい人や、メンタル面を成長させたい人におすすめの一冊と言えます。

コミュニケーション研修に役立つ書籍など

コミュニケーション能力を育成するための方法は本でもできる

社内でのコミュニケーションを潤滑にするためには、会社が実施しているコミュニケーション研修が最も効果的です。しかし、自分自身でコミュニケーション能力を養う必要性もあり、その場合は書籍が一番有効と言えます。コミュニケーションについて書かれている本や、メンタル面を鍛える本など豊富に用意されており、一般書店で簡単に購入できる点がメリットの一つです。

SNS でほかのヒトにもシェアしよう!