メニュー
OODAを意識したシステム開発の進め方

OODAを意識したシステム開発の進め方

OODAを用いた営業手法を取り入れる企業が増えています。企業が置かれている状態の分析を冷静に行い、適切な解決策を用いた活動を進めるのがOODAです。状況の変化に柔軟に対応できるOODAを活用するためには、システム構築の際でも意識しておく必要があります。ここでは、OODAを用いたシステム構築の流れと注意すべきポイントを紹介します。

会社が置かれる状況を冷静に分析する

OODAループは、軍事戦略に用いられる意思決定の手段です。先行き不透明な状況をふまえ、営業システムの開発を進める際に、OODAを活用した構築事例が増えています。扱う商材を取り巻く市場動向や、競合他社の情報をスピーディに収集し、仮設を立てるために必要な形へと整形するシステムの構築が、OODAを進めるためには大切になるからです。

自社が扱う商材やサービスは、状況に応じて変化を続けるものです。OODAループを進めるために必要になる情報収集をシステムで行うためには、営業マンや企画部門の方が調査をしやすいツールの開発と、収集データの加工の仕組みの構築を検討しておくことが大切です。忙しい現場であっても、担当者が意識することなく、手軽に情報をまとめられるインターフェイスを持ったシステムの構築を考えましょう。

会社が置かれる状況を冷静に分析する

収集した情報を元に仮設を立てる

観察の過程で収集した情報を元に進むべき方向の仮設を立てます。仮設を立ち上げる際に大切になるのは、集めた情報だけではなく、過去の事例もふまえることです。システム開発を進める段階において、収集した情報を活用しやすい形に整形するだけではなく、過去の事例も引き出せる仕組みを構築することが大切になるのです。

計画を立てて実行するだけではなく、状況に応じて繰り返し実践するのが、OODAループを用いた営業手法です。仮設の立案も状況に応じて複数回の実施を行なっていきますので、システム開発の段階で過去事例を引き出せることが必要になるのです。解決すべき仮設と類似した過去事例が蓄積されていくことにより、意思決定の失敗の可能性も少なくなります。長期的利用を視野に入れてのシステム構築を検討しましょう。

収集した情報を元に仮設を立てる

仮設を根拠にした意思決定の実現

複数の仮設のなかから、最適な実行計画を選び、意思決定の段階に移行していきます。一般的には、意思決定を行う担当者は経営者となるでしょう。細かな情報収集を行なった結果の仮設であったとしても、実行に移った段階で多くの損失が生じる可能性もあります。大きな裁量権のある担当者の方でなくては、実行結果に対する責任を取ることはできないからです。

意思決定を進める際には、複数の仮設から選ぶことが大切です。会社の状態により、目指すべき営業成果は違っていくものです。複数の仮設の選択のなかから、自社が求める成果を導出できる仮設を選び、意思決定に移します。意思決定を行なった後は、適切なリソースの配分と、実施状況のモニタリングを行うための仕組みも構築しておきましょう。

仮設を根拠にした意思決定の実現

意思決定の実践と効果の確認

意思決定の段階では、実行状況をモニタリングすることを心がけましょう。販促手法の改善の実施の際には、仮設を元にした新しい営業手法が、どのような効果をもたらしているかを判断できる仕組みが必要です。仮設を元にした実行プランが成果を出すと、多くの方は満足をしてしまうものですが、意思決定までの流れは、違う商材においても活用することを考えておきましょう。

OODAの目的は、繰り返し成果を出し続けることにあります。実行結果により得られた情報は、次の商材の売上改善に対しても、同様な流れで利用できるのです。事前に想定していた成果と、実行結果の乖離がどの程度なのかを判断することと、乖離してしまった原因を明確にできる仕組みを構築しておかなくては、次回のOODA実践時に成果取得と効率化の実現ができないからです。

意思決定の実践と効果の確認

実行結果を元にしたフィードバック

OODAの目的は、繰り返し実行して成果を出し続けることです。システム開発を進める際には、過去の事例を元に、新しい商材の販促を進めるために必要となるOODAケース抽出の仕組みを構築しておきましょう。新規商材のための情報収集を進めるにあたっても、前回失敗した実践方法を繰り返してしまっては、コストの無駄が生じます。営業部隊に情報を収集させるにも、過去事例を元にした的確な進め方が必要になるのです。

繰り返して実行することにより、自社独自のノウハウが構築されていきます。先の見えない時代とはいっても、OODAループによる的確な戦略を進めることで、事業展開に失敗するリスクは軽減されていくものです。システム開発の段階から、繰り返し実行を行うことを前提にした仕組みの構築を視野に入れ、自社への導入を進めましょう。システムの長期的利用を視野に入れた設計が大切になります。

実行結果を元にしたフィードバック

OODAを用いたシステム開発

OODAを用いた営業戦略では、システム開発を進める段階から、繰り返し実行することを意識した仕組み作りが大切です。収集した情報をスピーディにまとめ、意思決定へ結び付けられる複数の仮設の引き出し、実行後のプランの検証の仕組みを構築しておくことが大切です。繰り返し実践しながら、改善を進めることが可能になるシステムの構築を進めましょう。

SNS でほかのヒトにもシェアしよう!