メニュー
女性が営業として活躍する方法

女性が営業として活躍する方法

営業職というと一昔前までは男性の仕事という印象が強かったですが、今は女性の営業職の方も増えてきています。厳しい職種ではありますが、営業が成功して契約に至った時等、成功した時にはそれに見合った嬉しさがあり、大変なだけやりがいもあります。ノルマが達成できないかもしれないや、上手くお客様と喋れないかもしれないと不安な方のために、営業職で成功する方法をご紹介します。

お客様へのレスポンスはいち早くしましょう

営業職に必要なことはスピード感です。顧客から質問されたり、見積もりの依頼を受けたりした時に、必ずしもその場で答えなくてはいけないことはなく、その場は調べて返事をしますと回答を保留して、しっかり調べてから回答すればいいです。ただ、その回答はできる限り早いにこしたことはありません。いつまで経っても調べようとせずに、二日も三日も放置してからようやく回答するのでは、お客様の信頼を失ってしまいます。

その場で答えられなかったことはすぐに先輩社員や上司に相談したり確認したりして、少しでも早く答えるようにしましょう。回答に資料や書類などが必要な場合があれば、ひとまず電話でその旨を伝えて、後ほど資料を持っていくようにするといいです。女性ならではの細かい気配りや心遣いを活かして、お客様にはマメに連絡をするようにしましょう。

また、見積書や資料などはシンプルなものを作成して、なるべく書類を作るのに割く時間を短縮することで、営業に多くの時間を回すことができます。先輩社員から資料をもらったり、よく使う文章は雛型を作ってそれをコピーして使ったりするのも有効です。そうすることでお客様への対応が早くなるだけではなく、残業を減らすことができてプライベートな時間を確保でき、自分の仕事へのモチベーションアップも期待できます。

お客様へのレスポンスはいち早くしましょう

次の日の準備は前日にして少しでも多く外回りの時間をつくりましょう

営業職で大事なのは、少しでも多く外回りをすることです。書類や資料の作成などの営業に事務仕事ももちろん必要ですが、やはり外にいる時間が長い方が顧客の獲得や売り上げの向上に繋がります。同じ業種のライバル会社の営業職の人に先を越されないようにするには、少しでも外回りに出かける時間が早いにこしたことはありません。お客様は早く営業に来た人に依頼を頼んでしまうことが多く、後から行っても今日はけっこうですと断られる可能性が高いです。そのためには、出かける準備はできるだけ前日にしておくことが大切です。そうすることで誰よりも早く営業に出かけることができ、それが顧客の獲得に繋がります。

また長い時間外回りをこなすことで短い時間しか営業をしてない人よりも多くの経験を積めます。経験を重ねることで営業力がアップして、頼りがいのある営業に育ち、お客様からの信頼も得られるようになります。そのためには、嫌な仕事や苦手な客先を避けるのではなく、嫌だからこそ積極的に取り組むことが大切です。失敗をしたとしてもネガティブになるのではなく失敗の経験を積めたとポジティブに考えるようにしましょう。女性はもともと勤勉性を持ち合わせています。その勤勉性を発揮し、失敗から多くのことを学ぶようにしましょう。

次の日の準備は前日にして少しでも多く外回りの時間をつくりましょう

女性ならではの営業力を磨きましょう

営業職に必要なのはトーク力だと考える人がいるでしょう。上手く喋れるのもいいことですが、それ以上に相手の話をしっかりと聞く力が営業職には必要です。丁寧に相手の話に耳を傾けることで、相手がどんなものを欲しいと思っているのか、どんなことに不満を持っているのかをきちんと把握することができます。お客様のニーズを正確につかむことができれば、実のなる営業を持ちかけることができます。女性は共感性が強いと言われており、その力を発揮して、顧客の気持ちを正確に把握することで信頼のある営業と認めて貰えるようになります。そのことが営業としてのスキルアップ、成績アップに繋がります。

また繊細性も持ち合わせているので、相手の感情の機微に気付くことができます。相手の怒りや好反応などを見抜いて上手く立ち回るようにしましょう。女性ならではの柔らかな物腰と威圧感のなさも、相手に話しをしやすい雰囲気を与えて、相手のニーズを聞きだしやすくします。丁寧な営業を心がけましょう。

また、ニーズを把握するだけではなく、ニーズに適した商品やプランを提案する力も必要となります。女性の勤勉性を生かして常に変化するニーズに対応した提案をすることが営業としての成功を導きます。女性ならではの細やかな心配りを発揮するとより、お客様からの信頼を得られるでしょう。こういうことをしてもらえたら嬉しいだろうと相手の立場に立って物事を考え、そのうえで小さなことにも気遣いをすることが必要です。

提案を形にして相手に説明する、プレゼンテーションの能力も営業職には欠かせません。簡略化してわかりやすいながらも、フォントや配置にこだわった見やすい資料を作れることで、お客様に勧めたい商品やプランのよさを理解してもらえるようになり、それが営業の成功にもつながります。またプレゼンテーションの際も必要な情報をわかりやすく的確な言葉にする力を身につけましょう。

女性ならではの営業力を磨きましょう

まとめ

女性の営業は多くのメリットがあります。

気配りや心遣い、勤勉性、柔らかい物腰の雰囲気などといった女性特有の営業での魅力があります。
営業職は、男性がメインで行っているイメージが強く感じられますが、女性でも女性ならではのアプローチで顧客を獲得できます。
もし自分が営業で伸び悩んでいるなら、上記の点を意識しながら仕事をしてみてはいかがでしょうか。

SNS でほかのヒトにもシェアしよう!