メニュー
コミュニケーション研修によって得られる効果とは

コミュニケーション研修によって得られる効果とは

コミュニケーション研修の目的

SNSなどの普及によって、人々のコミュニケーションの取り方は日々変化しています。コミュニケーションに関する苦手意識などは、個人の性格に起因する特徴として捉えられがちですが、ビジネスシーンにおけるコミュニケーション能力は、必要な訓練を行えば身に付けることが可能です。職種や役職、立場によって、必要なコミュニケーション能力は変わってきますが、社内で円滑なコミュニケーションが取れていないと、必要な意見交換ができないなど職場環境が悪化し、せっかく費用と時間をかけて採用・育成してきた社員の離職率が上がってしまう可能性があります。さらには、情報共有ができず仕事上での行き違いやミスの原因となったり、部署間での連携がうまくいかず作業効率が下がったりと、企業全体の生産性が低下することに繋がりかねません。

また、社外の取引先や顧客と接する場合にも、それぞれビジネスシーンに適したコミュニケーションが必要となります。例えば、営業職であれば、相手の意図を汲み取り会話を進め成約にこぎつけるためのコミュニケーション能力は、営業成績や企業の売上に直結するでしょう。反対に、メールでの伝え方や、商談の場での立ち振る舞いなど、小さなやり取りが、取引先との関係を悪化させたり企業の評判を下げてしまうきっかけになることも考えられます。社内及び社外でのビジネス上の関係において、こういった事態を防ぎ改善するための社員研修のひとつが、コミュニケーション研修です。

コミュニケーション研修の目的

コミュニケーション研修の種類

コミュニケーション研修とは、どのようなことを行うのでしょうか。企業の現状や業種、社内での役職や立場によって求められるコミュニケーション能力は違うため、内容はそれぞれの企業の目的や課題に適したものである必要があります。例えば、外国人採用を積極的に行っている企業であれば、管理職の社員を対象に、文化や働き方の違いを理解したうえで指導やマネジメントができるような研修を行うのが効果的です。新入社員の育成が課題となっている企業であれば、まずは報告・連絡・相談など社会人のコミュニケーションの基礎となる部分を身に付けるための研修を行うと良いでしょう。効果的なコミュニケーション研修を行うためには、自社の求める人物像を明らかにしたうえで企画し、対象社員にもその目的を共有することが大切です。

コミュニケーション研修のスタイルは様々で、多くのセミナーなどが開催されているため各自選択して単発で参加することも可能ですが、社内に講師を招き実施することもできます。その場合は、より企業の目的に沿った内容が期待できるのに加え、社内で行うことでイメージしやすく実践的なコミュニケーションが学べるというメリットがあります。費用や時間は内容によって変わってきますが、本格的に行うのであれば、ある程度の期間をかけて実践とフィードバックをくり返しながら、段階的にコミュニケーション能力を培う方法がより効果的であるといえます。費用や時間をかけるのが難しい場合は、社内でマニュアルを用いて社員同士で研修を行うことも可能で、目的意識の共有や社内環境改善のきっかけに繋がることが期待されます。

コミュニケーション研修の種類

コミュニケーション研修の内容と効果

コミュニケーション研修で学ぶべき基本的な内容は、大きく分けて3つです。1つ目は、コミュニケーションの重要性を理解することです。仕事上のトラブルや社内の人間関係が上手くいかない原因のひとつとして、コミュニケーション不足が挙げられますが、その重要性に気づいていない社員も少なくありません。まずは、ビジネスシーンにおいてコミュニケーションが果たす役割を理解し、改善が可能だという意識を共有することで、意欲的に研修に臨むことができます。

2つ目は、聞く力の習得です。コミュニケーションの基本ともいえる聞く力を、ビジネスシーンで活かすために、目線や相槌など、具体的なスキルを学ぶことが求められます。3つ目は、話す力の習得です。相手に伝わるような言葉の選び方や、心をつかむ方法などを身に付けることは、特に管理職によるマネジメントや営業職の社員の能力向上に効果を発揮するはずです。これら3つの基本的な内容に加えて、企業の課題に合わせた研修を行い、必要があればロールプレイングなど実践的な方法で学んだうえで定期的なフィードバックを行うと、より高い効果が期待できます。

コミュニケーション研修の内容と効果

コミュニケーション研修を活用して生産性の高い社員育成を

企業にとって、社員のコミュニケーション能力の育成は、自社の評価や業績に繋がる重要な課題です。職種や立場ごとに求められる能力は違いますが、適切なコミュニケーション研修を行えば誰でもスキルアップすることが可能です。紹介した内容を参考に研修を上手に活用して、社内環境の改善や生産性の向上に役立ててみてはいかがでしょうか。

SNS でほかのヒトにもシェアしよう!