メニュー
コミュニケーション研修は資料の用意を重視しよう

コミュニケーション研修は資料の用意を重視しよう

資料が重要な理由は三つある

コミュニケーション研修で資料の重要性が高い理由は三つあります。一つ目は一般的な研修と同様に知識的な理解を促すために手元に情報があるのが効果的だからです。コミュニケーション研修では基本理論を学ぶことから始め、ケーススタディーなども実施していくのが通例です。文字情報があり、メモを取ることができるようにすることで理解が深まり、記憶にも定着しやすくなります。特に書き込みによって覚えられる人が多いことから、ワークブック形式の資料にしているケースもあります。

二つ目も一般的な研修と同じですが、資料を受講者に持ち帰ってもらって復習する機会を与えられるからです。研修の時間は限られているので身につけられる内容にも限界があります。復習をして理解度を高めたり、受講者が資料に基づいて自分なりに勉強することでさらに効果が上がるでしょう。資料にアンケートや設問を付けておくことにより、研修終了後にフィードバックを受けることも可能です。資料と合わせて渡すことにより、復習しながら記入してもらえるので、別にメールなどでフィードバックを求めるよりも学習効果が高まります。

三つ目はコミュニケーション研修に特別な点で、研修で行うロールプレイングや自己トレーニングの教材として活用できるからです。資料を配布することによって手元にイラストや写真などの視覚的な材料が手に入ります。それに基づいたコミュニケーションの練習を研修中に行うことが可能です。同じイラストを見て題材にしながら会話のトレーニングをしたり、ある写真を見せながらプレゼンテーションをしたりといった形で、視覚的な資料が手元にあるだけで様々なコミュニケーション研修の内容を考えられます。バラエティー豊富な研修をするには欠かせないツールなのです。

資料が重要な理由は三つある

高いクオリティーの資料を使う外部研修や外部委託を活用しよう

資料の内容を充実させるのは成果が上がるコミュニケーション研修を実施するには欠かせないことですが、準備が大変になることは否めません。これからコミュニケーション研修を1から立ち上げようというときには、全て社内で作り上げようとせずに外部機関を活用するのが良い方法です。外部委託をして講師を招き、資料なども全て用意してもらって実施するのが最も簡単な実施方法です。あるいはコミュニケーション研修は外部機関が一般に向けて実施していることがあるため、外部研修に参加するという選択肢もあります。一般的には委託費用や参加費用がかかりますが、外部研修については無料で受講できるものもあるので積極的に活用してみましょう。

高いクオリティーの資料を使う外部研修や外部委託を活用しよう

外部委託や外部研修を活用して社内実施を可能にしよう

コミュニケーション研修を長期的に外部委託するのはコストがかさむ問題があり、外部研修に依存する方法は社員全員に受講させるのは困難になりがちです。最終的には社内でコミュニケーション研修を実施することを目指すのはもっともな考え方でしょう。コミュニケーション研修に必要な資料を準備し、研修を運営できる人材を確保できれば事足りるとも考えられます。この目的で外部委託や外部研修を活用するのは合理的な方法です。

外部委託を利用するなら最初はアウトソーシングをして資料も講師も手配しましょう。まずは少人数で実施して受講した人の中から次回の講師を抜擢し、配布された資料を使って他の社員に対してコミュニケーション研修を実施してみるのが効果的です。教える立場になると気付く内容も多く、教える側も教わる側も成長できます。これを繰り返した後、資料を更新する際には社内で作成を試みても構いません。もし作成が難しいのであれば資料を委託先に依頼して新しい資料を作成してもらうこともできます。委託先によっては定期的に参考資料をダウンロードできるようにしてくれるため、それを使って作成を試みるのも良い方法でしょう。

外部研修を活用する場合には人事担当者などの研修実施予定者が参加し、運営のノウハウを身につけてくるのが大切です。外部研修の資料は社内利用が禁止されていることもあるので注意が必要ですが、参考にしてオリジナルの資料を作ることはできるでしょう。資料作成については外部委託し、コミュニケーション研修の実施は外部研修に参加した人が担うというやり方もできます。このようにして資料をうまく用意することで研修は社内で実施することも可能です。

外部委託や外部研修を活用して社内実施を可能にしよう

社内研修実施に向けて準備をしよう

コミュニケーション研修では充実した資料の用意と研修運営のノウハウが必要です。外部委託や外部研修を活用すれば運営の方法を習得でき、さらに質の高い資料を手に入れられます。それを参考にして社内で実施できるようにするのが効率的な方法です。資料の作成だけを外部委託することもできるので、効果の高いコミュニケーション研修を継続して実施するために活用を前向きに検討しましょう。

SNS でほかのヒトにもシェアしよう!