メニュー
コミュニケーション研修を外注できる大手5社のおすすめポイントを比較

コミュニケーション研修を外注できる大手5社のおすすめポイントを比較

インソースの特徴・研修おすすめポイント

インソースの特徴・研修おすすめポイント

インソースは2002年の設立以来、企業における課題を研修とIT方面からサポートしています。研修事業の他、eラーニング・映像制作事業もおこない、ビジネス上の教育支援に積極的です。コンサルティングサービスや人材派遣・人材紹介サービスも提供していることから、様々な企業の課題を素早く感じ取れる特徴も持っています。ITサービス事業では、人事・総務部門の効率的なIT化をサポート。ストレスチェック支援サービスを提供し、メンタル面でのサポートにも力を入れています。こうした事業の活性化により2016年には東証マザーズに上場、2017年には東証一部に上場を達成。売上高も順調に伸び、2019年9月期の売上高は約56億円です。

インソースの研修は、年間受講者数55万名以上を記録しています。国内26ヶ所に事業所を設置、セミナールームは全国9都市13ヶ所にあるため、自社への講師派遣依頼が困難でもセミナールームの利用による研修が可能です。各社の課題を敏感に汲み取り、きめ細やかなサービスを提供するのが特徴で、研修コースが数百種類用意されている点でも細かいニーズに応えてくれています。研修後のアフターサポートに定評があり、ストレスチェック支援などは低コストで研修後のケアを実現できる代表的なサービスです。

研修のスタイルは、組織に講師を派遣するタイプと1名から参加可能な公開講座タイプに分かれています。課題に沿ったオーダーメイド研修の依頼も可能で、無駄のない研修選びができます。多くの研修コースの中からニーズに合った研修を選ぶには、細かく分けられたテーマから検討するのが便利です。コミュニケーション研修では、コミュニケーションノウハウの基本からアサーティブコミュニケーション、ファシリテーション研修などの各コースが200種類以上用意されています。いずれもオンライン受講を相談でき、年間総受講者数3万名超のうち約95%が内容・講師に満足しているようです。

コミュニケーション研修のおすすめポイント

インソースの研修は、年間受講者数55万名以上を記録しています。国内26ヶ所に事業所を設置、セミナールームは全国9都市13ヶ所にあるため、自社への講師派遣依頼が困難でもセミナールームの利用による研修が可能です。各社の課題を敏感に汲み取り、きめ細やかなサービスを提供するのが特徴で、研修コースが数百種類用意されている点でも細かいニーズに応えてくれています。研修後のアフターサポートに定評があり、ストレスチェック支援などは低コストで研修後のケアを実現できる代表的なサービスです。

研修のスタイルは、組織に講師を派遣するタイプと1名から参加可能な公開講座タイプに分かれています。課題に沿ったオーダーメイド研修の依頼も可能で、無駄のない研修選びができます。多くの研修コースの中からニーズに合った研修を選ぶには、細かく分けられたテーマから検討するのが便利です。コミュニケーション研修では、コミュニケーションノウハウの基本からアサーティブコミュニケーション、ファシリテーション研修などの各コースが200種類以上用意されています。いずれもオンライン受講を相談でき、年間総受講者数3万名超のうち約95%が内容・講師に満足しているようです。

会社情報

会社名:株式会社インソース
本社所在地:東京都千代田区神田錦町1-19-1 神田橋パークビル5階
設立:2002年11月
受賞歴:非公開
主な取引先:製造業・サービス業各社、官公庁、大学など
ホームページURL:https://www.insource.co.jp/index.html/

アクティブアンドカンパニーの特徴・研修おすすめポイント

アクティブアンドカンパニーの特徴・研修おすすめポイント

アクティブアンドカンパニーは、2006年に設立された業界では比較的若い会社です。企業の業績向上を目的としたコンサルティングを提供する一環として、各種研修サービスを展開しています。コンサルティングの範囲は人材・制度・情報管理・戦略と幅広く、採用から組織・個人診断、方針・戦略策定、マーケティング、人事制度、給与代行、コミュニケーションに至るまで組織内のあらゆる側面においてサポートを受けることが可能です。売上高は非公開ながら、主な取引先には日本を代表する大手企業が名を連ねていることから信頼度の高いサービスを提供しているとわかります。

コミュニケーション研修のおすすめポイント

アクティブアンドカンパニーがミッションとしているのは、クライアント企業の課題解決による組織の活性化です。躍動感にあふれる未来を最終的なゴールに設定し、人と人の間に隔たりのない環境を作るための提案をしています。代表の信念は、人材派遣業界で働いていた経験から生まれたもの。社員と経営層のミゾを埋めることが会社の活性化につながるとされ、コミュニケーション研修はその柱ともいえるサービスです。目的別に的が絞られた研修プログラムは、厳選された比類のない価値あるテーマばかり。コミュニケーションをテーマとした研修プログラムには、セールスコミュニケーションやイングリッシュコミュニケーションなどの種類もあります。

特におすすめのプログラムが、意思伝達力育成プログラムです。人間関係の構築・情報交換と整理・価値の共有と創造・行動促進の4つを目的とし、これらを達成するための技術をマスターする研修内容になっています。ただ技術を教えるだけでなく、受講者が自身のコミュニケーションスタイルを認識し改善することも重視しているこのプログラム。クセや弱点を客観的に理解することで、コミュニケーションが関わるビジネス上の問題を克服する力も身についてきます。

会社情報

会社名:株式会社アクティブ アンド カンパニー
本社所在地:東京都千代田区九段南3-8-11 飛栄九段ビル5階
設立:2006年1月
受賞歴:2018年度グッドデザイン賞(HRオートメーションシステム「サイレコ」)
主な取引先:製薬会社、製菓会社、製造業、サービス業、官公庁、大学など
ホームページURL:https://www.aand.co.jp/

マイナビの特徴・研修おすすめポイント

マイナビの特徴・研修おすすめポイント

マイナビは、毎日新聞社のグループ会社毎日コミュニケーションズとして新聞発行や出版事業を軸にスタートした会社です。幅広い事業展開をしており、従業員は7,000名弱(2019年10月時点)と巨大規模。1998年には人材派遣事業本部を開設し、2011年10月に社名をマイナビに変更しています。国内に70ヶ所以上、海外にも4ヶ所の営業拠点を設置し、2019年9月期の売上高は1,510億円です。求人情報や進路情報、人材派遣・紹介で知名度の高いマイナビですが、研修サービスにも力を入れています。2020年夏には、人材開発・組織開発をサポートする目的で開発されたタレントマネジメントシステムの提供開始が予定されています。

コミュニケーション研修のおすすめポイント

マイナビでは、人が人らしく活動することで組織の成長につながるというコンセプトのもとに研修サービスを提供しています。2011年10月~2018年5月までの総参加企業数は11,000社以上、総受講者数は15,000名以上と巨大企業ならではの実績を築いてきました。ニーズに応じたきめ細かいプログラムの設計が特徴で、公開型研修と1社1名から参加できるオープン型研修から受講スタイルを選べます。

コミュニケーション研修では、入社から9年目くらいまでの新入社員・若手社員・中堅社員を対象にプログラムを提供。休憩1時間を含めた7.5時間におよぶ研修は、コミュニケーションの第一歩である自己理解と他者理解に焦点が当てられています。コミュニケーションとは何かから始まり、対人関係を深めるための4つのステップ、相手に合わせた関わり方などを教わることで、コミュニケーションが上手くいかない原因や上手な会話の仕方を身につけるのが目的です。

会社情報

会社名:株式会社マイナビ
本社所在地:東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
設立:1973年8月
受賞歴:非公開
主な取引先:出版社、製薬会社、製造業、旅行会社など
ホームページURL:https://www.mynavi.jp/

ANAの特徴・研修おすすめポイント

ANAの特徴・研修おすすめポイント

航空会社のANAグループとして1988年に設立されたANAビジネスソリューションが、人材派遣・紹介事業に参入したのは2001年のことです。一度は分社化した教育・研修事業を2013年に統合し、同年にはANAエアラインスクールを開設。航空会社グループならではの接遇・マナー研修には定評があり、ヒューマンエラー対策でも頼りにされています。顧客・従業員満足度調査でも頭角を現し、訪日外国人調査のような業界ならではのメリットを活かせる分野でも活躍。売上高は、2019年3月期で60億円を公告しています。

コミュニケーション研修のおすすめポイント

ANAビジネスソリューションのコミュニケーション研修は、ANAグループで実践されている研修プログラムです。対人能力を自転車の前輪に例えて重視し、受講者の潜在的対人能力を引き出す内容となっています。プログラムの企画にはANAの現役客室乗務員が携わり、航空会社で培われたコミュニケーション力ノウハウが惜しみなく提供されています。自分の考えを表現することから始まり、苦手な人との関係克服やフォロワーシップ、リーダーシップコミュニケーションまで学べるのが特徴です。

特に繰り返しの実習が強化されているコミュニケーション研修は、クライアントとの人間関係のみならず組織内の人間関係に課題を抱える企業に適しています。ミスや事故が起こりそうな状況でも相手を尊重しながら対処するコミュニケーション術、表情やしぐさから相手の考えを汲み取る技術など、教わった技術をその場で体感できる研修です。

会社情報

会社名:ANAビジネスソリューション株式会社
本社所在地:東京都港区高輪3-23-17 品川センタービルディング2階
設立:1988年12月
受賞歴:非公開
主な取引先:金融機関、旅行会社、大学、航空会社、鉄道会社など
ホームページURL:https://www.abc.jp/

SMBCコンサルティングの特徴・研修おすすめポイント

SMBCコンサルティングの特徴・研修おすすめポイント

SMBCコンサルティングは、住友ビジネスコンサルティングとして1971年に設立された会社です。商号変更や組織変更を経て、2001年4月にSMBCコンサルティングの社名になりました。会員事業・教育事業・コンサルティング事業を3本柱とし、年間のヒット商品番付発表は毎年一般からも注目されています。交流会や経営相談の受付などをおこなう会員事業は、邦銀系最大規模を誇る会員組織です。その影響もあり、教育事業の顧客にも金融機関が多く見られます。

コミュニケーション研修のおすすめポイント

定額制のビジネスセミナーやオリジナルビジネステキストの提供など、独自の人材教育メニューが豊富なSMBCコンサルティングでは、開催月・階層・分野・スキルなどから研修を検索できます。コミュニケーションスキルの研修は、様々な場面において適切や言語・非言語コミュニケーションをおこなえるようになるのが目的です。リーダーシップコミュニケーション・マナーコミュニケーション・職場を円滑にするコミュニケーション・合意に導くコミュニケーションと、4つの形態に分けたプログラムを提供しています。

目的に沿って選んだプログラムは、講義と実習によって職場で活かせるようになっています。あらかじめレッスン内容が紹介されているため、細かいニーズからプログラムを選択可能です。定額制クラブに申し込むと、月々の会費支払いで全社員が研修を受けられるのが便利です。コミュニケーション以外にも各種ビジネススキルやメンタルヘルスなどのプログラムが豊富に揃っていますから、組み合わせて定額制クラブを利用するのもよいでしょう。

会社情報

会社名:SMBCコンサルティング株式会社
本社所在地:東京都中央区八重洲1-3-4 三井住友銀行呉服橋ビル
設立:1971年3月
受賞歴:非公開
主な取引先:製造業、サービス業、金融機関、官公庁など
ホームページURL:https://www.smbc-consulting.co.jp/

おすすめのコミュニケーション研修を提供している会社は?

今回は5社のコミュニケーション研修を比較してみましたが、中でも企業規模を問わずきめ細かい研修を受けて組織の明るい未来へとつなげる期待を持てるのがアクティブアンドカンパニーのコミュニケーション研修です。幅広い業界に対応している点、人と人のミゾを埋めることが組織の活性化になると代表自身が体感し会社の信念となっている点など、研修の効果にも信頼をおけるのがおすすめポイントです。

SNS でほかのヒトにもシェアしよう!